結婚の学校 口コミ

結婚の学校の体験スクールとはどんな内容なのか?

結婚の学校の体験セミナーを受けてみたいと思いの方々は実体験を交えてどのようなことが婚活、恋活にいかされるのか知りたいとお思いでしょう。
今回はそのセミナーに参加してみた方の体験談を紹介してみたいと思います。

 

実際にセミナーを受けた人たちはまず「講師の先生だから上手くいくのでは?」と疑いの気持ちをもって来る人が大多数でした。

 

でも、今までの人生で上手くいってないことを自己流で行くとは思えないからこそ、疑い半分でも安かったから受けてみた方が多かったです。

 

恋愛の方法がわからない方へ

ここから私自信参加してきて何人か話して感想を聞いてきたのでご紹介します。

自分の言葉で正直に伝えることができるようになった。

「モテる人はポジティブな気持ちを相手に素直に伝えることができる人である。」
セミナーの中の一部ですがこの一言が心にのこって心掛けるようになったら逆に女性から気軽に声をかけてもらえるようになった。

 

こういった日々の気持ちの持ち方を変えることで小さいことの積み重ねのですがある時を境に結果として自分に大きく帰ってくるようになるようです。
恋愛やモテ術の本を読むよりも実践してきた講師の方に直接目を見て言われることで気持ちに刺さることが大きいようです。

 

女性に大して遠慮をしてしまうことがなくなった。

 

女性と接することが苦手だという方は極端に接触頻度が低いため経験値が少ないことは苦手だと感じてしまうことが多いようです。

 

¥3000と安いので期待値はすくなかったですが、自分の悪いところの改善方法や何を伸ばさなければいけないのかを指摘してもらえて具体的に行動に移すきっかけをもらえました。

 

私自身この値段では大したことはないだろうと思ってましたが、
予想外にも日々の生活の中での考え方を改善することに重点をおくことで一時もてるだけでなくこのあとの人生で継続的に人との関係を作るコツを教わるとは思ってもみませんでした。

 

 

身の回りの人たちとの付き合い方が変わって職場など今まで話せなかった人たちと話すことに躊躇することが減って、女性に限らず上司や他部署の人と関係性をもって顔がひろくなってきた。

コミュニケーション能力そのものが付いたことが実感できた。

 

人との関係性を作るコツが聞いてきたらこういう結果が生まれてくるのですね。
私も職場では特定の上司としか話してなかったのに気がついたら中々会わない事務所の女子と談笑してたなんてこともありました!

 

 

講師だった佐藤セルゲイビッチ氏の素直な気持ちに驚いた
講師の先生の金儲け主義でなく純粋に慈善活動的な行動の結果このようなセミナーを開いてもらってるということを教わり、この講習の値段でこの内容の濃さに納得できた。

 

これはセミナーの最後に仰ってたことですが佐藤先生はほかの仕事をするときでは考えられないくらいの時間給をもらうそうですがこの結婚の学校に関してはセミナー一回¥3000を20〜40名程度で行ってるそうです。
会場には佐藤セルゲイビッチ先生のほかにも講師の勉強をなさってる準講師の方々が何人もいらっしゃいました。

 

 

 

恋愛の方法がわからない方へ

セミナーの様子はどうなの?

 

これが実際のセミナーの様子です。
セミナーの様子

 

休憩中に後ろから撮ったので人数が少なめですが受講生は前のほうで後ろの方々は今後婚活コーチとして独立する予定の方々だそうです。

 

このように¥3000円分の恋愛指南本を買うよりもずっと大きな成果を得られる結婚の学校
恋愛・婚活に悩んでる方こそ一度受けてみてもらいたいです。

 

ちなみに今回講師だった佐藤セルゲイビッチ先生の講義は2017年いっぱいで終わってしまうかもしれないとのことでした。

 

せっかくなので先生の写真も撮らせてもらいました。(笑)
この方が今回の講師の佐藤セルゲイビッチ先生です↓
セミナーの様子
さすがにこんなセミナーの先生なのでとても気さくな方で誰とでもすぐに打ち解けてセミナーが終わるころには全員の名前もすぐに覚えてらしたので正直驚きでした!

 

 

そのかわりに、ほとんど首都圏でしかやっていなかったこの結婚の学校を他の講師の方々が全国で行う準備を進めてるそうです。
なので首都圏以外で恋愛・婚活で悩んでる方々にも人生を良い方向に切り開くチャンスが増えるみたいです!
今回の開催場所は東京都内でしたが受講してる方は静岡や千葉、遠くは大阪からという方もいらっしゃいました。

 

佐藤セルゲイビッチ先生の講義は首都圏でしか受けられなさそうですが今後全国展開するらしいのでこの機会にぜひ受けてみてください!

 

 

↓下記がそのリンクになります↓